header

強風による建物等の被害の実態とその備えについて,市民や自治体職員などへ分かり易い解説を提供するとともに,参加者との意見交換を行うことによって,地域防災力のさらなる向上を目指します。

日 時:2014年11月14日(金) 14:00~16:00

会 場:野田市役所8階大会議室

対象者:一般市民・自治体職員など

主催:一般社団法人日本風工学会

後援:野田市

プログラム:

司会:東京理科大学 木村吉郎

■趣旨説明

九州大学 前田潤滋

■講演

強風の正体

防衛大学校 小林文明

建物の強風被害―竜巻による被害を中心に―

徳島大学 野田 稔

近年の強風被害の特徴と被害軽減対策・竜巻への備え

国土交通省国土技術政策総合研究所 奥田泰雄

  • 総合討論 ―防災力を上げるには―
  • 閉会挨拶

九州大学 前田潤滋

本件に関するお問合せ先:

・東京理科大学理工学部土木工学科
TEL:04-7122-9354, MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

Google検索(jawe.jp内)

賛助会員

風工学用語データベース

1989年の風工学会誌第40号に掲載された風用語集が作成されてから20年以上が経過しており,その間に新たな解析手法, 計測手法などが用いられるようになっている。

Read More

Back to Top