header

第6回風災害フォーラム「地震と台風・竜巻,どっちが怖い-どこが違う,建物の備え」

日 時

平成20年10月14日(火) 13:30 ~ 17:00

会 場

佐賀市民会館

主 催

(社)日本建築学会九州支部,日本風工学会,(社)日本建築学会災害委員会

後 援

佐賀県,佐賀市,(社)日本損害保険協会,(社)日本建築構造技術者協会九州支部,(社)日本コンクリート工学協会九州支部,(社)佐賀県建設業協会,(社)佐賀県建築士会,(社)佐賀県建築事務所協会,佐賀大学理工学部都市工学科

参加費

無料

総合司会

九州工業大学 木村吉郎

開会挨拶,趣旨説明

九州大学 前田潤滋

講 演

「九州での最近の地震災害の実状について」 福岡大学 江崎文也
「最近の木造住宅地震被害と耐震補強のすすめ」  大分大学 井上正文
「地震災害に対する建物の備え」 九州大学 中原浩之
「最近の強風災害の実態と地域性について」 東北大学 植松康
「佐賀県周辺の強風災害の特徴」 九州大学 友清衣利子
「強風災害に対する建物の備え」 (財)日本建築総合試験所 西村宏昭
「地震と台風・竜巻に対する佐賀県の防災・減災の取り組み」 佐賀県 岩永正喜
「地震被害と強風被害の保険による備え」 損害保険料率算出機構 中村雅紀

Google検索(jawe.jp内)

賛助会員

風工学用語データベース

1989年の風工学会誌第40号に掲載された風用語集が作成されてから20年以上が経過しており,その間に新たな解析手法, 計測手法などが用いられるようになっている。

Read More

Back to Top