header

第11回市民フォーラム「地震・津波と台風・竜巻」-東日本大震災の教訓と地震・台風による被害の軽減化を目指して-

開催日時

2011年9月22日(木)13:00~17:30

開催場所

おきでん那覇ビル2F(おきでんふれあいホール)

主催

日本建築学会九州支部,日本風工学会,日本建築学会災害委員会

後援

琉球大学島嶼防災研究センター,九州大学大学院人間環境学研究院

開会のあいさつ

琉球大学教授 山川 哲雄

第1部 講演

1) 「東日本大震災の被害と教訓」 東北工業大学教授・日本建築学会東北支部長 田中 礼治
2) 「建築物の強風被害について」 京都大学准教授 丸山 敬
3) 「九州・沖縄の強風観測と被害」 九州大学教授 前田 潤滋
4) 「学校校舎の耐震安全性と補強法について」 九州大学准教授  中原 浩之
5) 「沖縄地域の地震とその過去・現在・未来」 琉球大学准教授 中村 衛
6) 「沖縄の既存RC造建築物の耐震診断結果」 琉球大学教授 森下 陽一
7) 「沖縄の地震地域係数と耐震性能そして耐震補強」 琉球大学教授 山川 哲雄

第2部 質疑応答と意見交換

閉会のあいさつ

前田 潤滋(九州大学教授)

Google検索(jawe.jp内)

賛助会員

風工学用語データベース

1989年の風工学会誌第40号に掲載された風用語集が作成されてから20年以上が経過しており,その間に新たな解析手法, 計測手法などが用いられるようになっている。

Read More

Back to Top