header

都市の風影響評価研究会

【主査】 富永 禎秀(新潟工科大学)

【期間】 平成16年~

【研究会の目的】

都市において風が建物や環境,生活へ及ぼす影響を総合的にかつ適切に評価する新しいフレームについて,気象データの統計的取り扱いや市街地内の風速変動の特性のモデル化,評価尺度の地域性や適合性の問題なども含めて議論する。そして、そのための本格的な調査・研究に着手する際の基盤となる情報交換や意見集約,研究計画の策定を行いながら,具体的な調査・研究を推進していくことを目的とする。

 

【委員会構成】

富永 禎秀(新潟工科大学)

白澤 多一(大妻女子大学)[幹事]

飯塚悟(名古屋大学)

伊藤 真二((株)鴻池組 技術研究所)

石原 孟(東京大学)

岡田 創((株)泉創建エンジニアリング)

片岡 浩人((株)大林組 技術研究所)

小見 崇之(東急建設株式会社 技術研究所)

作田 美知子(三井住友建設株式会社 技術研究開発本部)

佐々木 澄(清水建設㈱技術研究所)

竹見 哲也(京都大学防災研究所)

西村宏昭 ((財)日本建築総合試験所耐風試験室)

林 宏典 ((財)日本気象協会調査部 応用気象課)

藤井邦雄((株)風環境リサーチ)

宮下 康一((株)風工学研究所)

山中 徹(鹿島建設(株)技術研究所)

吉川 優(大成建設(株) 技術センター)

義江 龍一郎(東京工芸大学)

 

【開催形式】

年間4回程度の会議,およびML等による情報共有,意見交換

 

Google検索(jawe.jp内)

賛助会員

風工学用語データベース

1989年の風工学会誌第40号に掲載された風用語集が作成されてから20年以上が経過しており,その間に新たな解析手法, 計測手法などが用いられるようになっている。

Read More

Back to Top