header

都市の風影響評価研究会

【主査】 義江龍一郎 (東京工芸大学)

【期間】 平成16年~

【研究会の目的】

都市において風が建物や環境,生活へ及ぼす影響を総合的にかつ適切に評価する新しいフレームについて,気象データの統計的取り扱いや市街地内の風速変動の特性のモデル化,評価尺度の地域性や適合性の問題なども含めて議論する。そして、そのための本格的な調査・研究に着手する際の基盤となる情報交換や意見集約,研究計画の策定を行いながら,具体的な調査・研究を推進していくことを目的とする。

 

【委員会構成】

義江 龍一郎(東京工芸大学)

富永 禎秀(新潟工科大学)[幹事]

飯塚悟(名古屋大学)

伊藤 真二((株)鴻池組 技術研究所)

石原 孟(東京大学)

岡田 創((株)泉創建エンジニアリング)

片岡 浩人((株)大林組 技術研究所)

小見 崇之(東急建設株式会社 技術研究所)

作田 美知子(三井住友建設株式会社 技術研究開発本部)

佐々木 澄(清水建設㈱技術研究所)

竹見 哲也(京都大学防災研究所)

西村宏昭 ((財)日本建築総合試験所耐風試験室)

林 宏典 ((財)日本気象協会調査部 応用気象課)

宮下 康一((株)風工学研究所)

山中 徹(鹿島建設(株)技術研究所)

吉川 優(大成建設(株) 技術センター)

藤井邦雄((株)風環境リサーチ)

 

【開催形式】

年間5回程度の会議,およびML等による情報共有,意見交換

 

【平成26年度 実施計画】

1)数値解析を利用した風環境評価のための標準上空風の整備についての検討を進める。昨年度までの検討により、標準上空風データの整備に用いる領域気象モデルの各種パラメータの設定方法や適切な境界条件等が明らかになった。今年度は、この手法を用いて、データの蓄積を進めるとともに、その公開方法や利用方法についての具体的な検討を行う予定である。

2)現在、環境アセスメント等で用いられている風環境評価指標では、歩行者の事故につながるような強風問題を適切に評価できないなどの問題点が指摘される場合がある。これまでの風環境評価の技術的課題は、専門家間の議論が中心であったが、実務に適用された風環境評価が、行政や事業者、住民にどう評価されているのか、あるいはどのように理解されているのかについて、情報収集を行う必要がある。本年度は、実務の現場での問題を多方面からヒアリングやアンケートを行いながら、既存の風環境評価指標を補う評価方法について議論を深めていく予定である。

 

Google検索(jawe.jp内)

賛助会員

風工学用語データベース

1989年の風工学会誌第40号に掲載された風用語集が作成されてから20年以上が経過しており,その間に新たな解析手法, 計測手法などが用いられるようになっている。

Read More

Back to Top