header

平成28年度年次研究発表会・総会・40周年記念式典・祝賀会のお知らせ

 

平成28年度一般社団法人日本風工学会年次研究発表会,社員総会を,平成28年5月25日(水)に東京大学本郷キャンパスで開催します。

平成28年(2016年)は日本風工学会の前身である日本風工学研究会が設立されてから40周年を迎えることから,社員総会後に記念式典および祝賀会を開催します。

会員の皆様におかれましては,奮ってご参加いただけますようお願い申し上げます。

ポスターはここからダウンロードできます。

 

日時: 

  平成28年5月25日(水)

    研究発表会 9:00~13:00

    社員総会 14:00~15:15

    記念式典 15:30~17:00

    祝賀会 17:30~20:00

場所:

  東京大学 本郷キャンパス 山上会館

  (東京都文京区本郷7-3-1 

     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_02_j.html )

参加費:

  研究発表会 無料 (非会員5,000円)

  祝賀会    5,000円 (学生会員無料)

プログラム(予定):

・研究発表会

・企画セッション1「近年の突風被害の実態と被害低減に向けた取り組み」

 1.突風被害研究の歩みと突風被害評価研究会の取り組み (丸山敬,京都大学)

 2.突風被害の実態                  (佐々浩司,高知大学)

 3.突風の風速推定に向けた取り組み          (田中恵信,気象庁)

 4.被害の低減に向けた取り組み            (野田稔,徳島大学)

・企画セッション2「構造物の設計風速の評価手法と実務への応用」

 1.構造物の耐風設計用設計風速の変遷と現状      (西嶋一欽,京都大学)

 2.各分野における設計風速評価の現状

   送電用鉄塔における設計風速評価の現状        (石川智巳,電力中央研究所)

   橋梁における設計風速評価の変遷と現状        (勝地弘,横浜国立大学)

   風力発電設備における設計風速評価の現状      (石原孟,東京大学)

   建築分野の耐風設計で用いられる設計風速評価手法の動向

                                     (中村修,風工学研究所)

   台風モデルの活用が損害保険業界に与えた影響

                             (岡崎豪,エーオンベンフィールドジャパン)

 3.全体議論とまとめ                 (松井正宏,東京工芸大学)

・社員総会

・40周年記念式典

・祝賀会

 

 

 

 

 

Google検索(jawe.jp内)

賛助会員

風工学用語データベース

1989年の風工学会誌第40号に掲載された風用語集が作成されてから20年以上が経過しており,その間に新たな解析手法, 計測手法などが用いられるようになっている。

Read More

Back to Top